yoonmamaのお気楽べじふるらいふ

野菜が大好きなyoonmamaのお気に入りを紹介するページです♪

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

更年期!?

またまたモニタープラザのプロジェクトに応募!

最近、ふと気がつくとスゴク汗汗をかいていたり
身体が火照っていたり炎することがあります。

肩こりや頭痛があるわけでもなく
日々身体が横に成長している実感がある以外には
特に思い当たる節もないのですが・・・

更年期仮面が知らないうちに
忍び寄ってきているのかも知れませんjumee☆devilR

そんな私に朗報が!

緊急開催!
母の日記念「更年期の健康をケアするサプリ」プレゼント♪


更年期の時期の女性の健康を考えて作られた
「ビビッドモア」という名前のサプリメントメディカル
大豆イソフラボンよりも、より吸収力の高いイソフラボンを含む
レッドクローバーというハーブを使っているのだそうです。

株式会社フルコーポレーションさんから
母の日にちなんで1か月分のボトルを88名にプレゼント♪

これはぜひ応募しなけりゃ~グー!

私はまだまだバイバイ
なんてカッコつけてられない・!
いろいろ症状が出てきてからでは遅い!絵文字名を入力してください
できれば苦しい思いをせずに
これからくる更年期を快適に過ごしたい♪

当選してモニターができるように
よろしくお願いしま~す ペコリ



株式会社フルコーポレーション



スポンサーサイト

| 健康 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国産冷凍食品で健康被害が!!

とんでもない事件が起こりました。
中国産冷凍ギョーザを食べた千葉、兵庫の親子ら10人が中毒症状を訴えて入院。
輸入者のジェイティフーズが問題のギョーザと同じ工場で製造した冷凍食品23品の自主回収を決めたそうです。

最初の報道ではギョーザは生協の商品ということでしたが、その後の調べで自主回収をする23品は市販用と業務用があり、もしかしたらあなたのお家の冷凍庫にも入っているかも・・・。

     recall_img05.jpg

     recall_img04.jpg

     recall_img03.jpg

     recall_img02.jpg

     recall_img01.jpg


見覚えありませんか??ぜひ、チェックしてみてください。

回収対象の商品リストと送付先・問い合わせ先はこちら
      → http://www.jti.co.jp/JTI/attention/about_recall_20080130.html


それにしても1件目の健康被害が出てから何日も経過しているのに、その間何の発表もなく、被害が拡大していることに憤りを感じます。中国産の食品に関しては、これまで何度となく基準値以上の残留農薬が検出されていました。「有機」をうたった食品でさえも信じられないことは周知の事実でした。それなのに、こうなる前に何らかの対策を立てられなかったのでしょうか?

国会は「つなぎ法案」なんかでもめている暇があったら、もっと大事なことから解決してください!これからは消費者ひとりひとりが、本物を見極める目を養うことが必要ですね。

| 健康 | 01:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無糖ガムにご用心

こんな記事を発見!

無糖ガムにご用心:毎日15枚食べて「体重激減」との研究

1月11日(米国時間)、シュガーレス(無糖)ガムを大量にかむと極端な体重減少につながるおそれがあるという症例研究が発表された。最大で、正常な体重の20%が失われる可能性があるという。

独ベルリン大学などの研究者によって、英国の医学雑誌『BMJ』誌に掲載された論文は、2件の症例研究で構成されている。

症例の1つは21歳の女性患者で、8カ月にわたって、1日に4~12回もの重度な下痢に悩まされていると訴えていた。体重が11キログラム落ち、肥満度を示すボディマス指数(BMI)は16.6と、標準値をかなり下回っていた。問診によって、この患者は無糖ガムを1日におよそ15枚かんでいたことが明らかになり、ガムをかむのをやめると症状は消えた。

もう1つの症例は46歳の男性で、やはり先の女性と同じような症候があった[体重が1年で22キログラム減少]が、ガムをかむのをやめると、同じように驚くほど体重が戻った。

大半のやせ薬では、週に500グラムの減量も苦しい。従って、2人の研究者は今回の研究成果を、大量に売れる新薬の開発につながるものとして吹聴すると思われるかもしれない。しかし残念なことに、この体重減少はソルビトールの過剰摂取による、下痢やその他のお腹の不調の結果だった。ソルビトールは一般的な甘味料で、大量に摂るとお腹が緩くなる(ソルビトールなどの糖アルコールは、血液中には完全に吸収されないので血糖値の上昇が小さいが、小腸で吸収されないため、過剰に摂取すると下痢等の原因となる。ただし、継続的に摂取するとほとんどの場合はある程度の耐性を生じ、これらの症状は見られなくなるとされる)。

(WebMDの記事によると、先述の女性は、1日あたり20グラム程度のソルビトールを摂取。一方、男性は1日あたりにして20枚のガムと200グラムほどの菓子を食べており、1日あたり合計で30グラムのソルビトールを摂取していた。米国の食品医薬品局(FDA)は、1日あたり50グラム以上のソルビトール摂取は下痢の危険があると注意し、製品への警告掲示も義務づけているが、今回の例ではそれより低い量でも重度の副作用が発生した。)

南カリフォルニア大学の准教授Roger Clemens氏は『WebMD』に対し、ソルビトールについて「緩下作用はこれまでにもかなり言われていることだ」と話している。「普通の消費者が1日にガムを20枚以上消費するとは、われわれはふつう考えない」・・・以下略

WIRED NEWS原文(English)


そんなに痩せれるなら私も!と、つい簡単に考えてしまうのは危険。結局、下剤を飲んで痩せるのと同じことだから、身体に良い訳がありません。バランスの取れた食事と適度な運動で地道に体重を落としていきましょう(笑)


| 健康 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。